最近、様々なマスコミで「活性酸素と病気や老化の関係」について取り上げられるようになりました。
今や「活性酸素は、病気の90%に関係していいる」と言われるほどです。
そして、その活性酸素が過剰に体内に作ってしまうことにより体内のSOD酵素が追いつかないために
私たちの体は生活習慣病など様々な病気を引き起こしているのです。
   ここでは、SODとはどんなものなのか、活性酸素はどんなものなのかという事を
皆さんに知っていただきたいと思います。

 
活性酸素とは?

  私たちが呼吸する酸素=O2は、電子の数が一定で他の物質と反応しにくい形です。ところが活性酸素は、通常の酸素=O2とは異なり、電子の数が不安定で、他の物質と反応しやすいのです。
※「物質の反応」とは、物質間の電子の移動の事です。「電子の数が不安定」とは、他の物質と電子のやりとりを行い易いことを意味します。その反応が、私たちの物質=細胞を傷つけるわけですが…

■活性酸素の例
  活性酸素には様々な種類がありますが、私たちに最も知られているのが、過酸化水素つまりオキシドールです。オキシドールを傷口に塗ると、一瞬のうちに泡を出して(反応して)、ばい菌をやっつけてくれます。これは「オキシドールとばい菌との間で、電子のやりとりが行われ、その結果ばい菌が死滅する」ことを意味します。
 

■活性酸素は両刃の剣
  過激な活性酸素は、ばい菌をやっつけると同時に、私たちの体内の細胞を傷つけ、様々な病気を引き起こします。このため、活性酸素は【両刃の剣】といわれています。
 

■身近な活性酸素
  私たちの呼吸に伴って消費する酸素の2%が、活性酸素になります。◇東京大理学部・加藤邦彦
 

■活性酸素は体内公害
  運動による酸素消費量増加や各種加工品は活性酸素を激増させます。そのため、今や活性酸素は【体内公害】といわれています。◇京都府立医科大・近藤元治教授
 

■活性酸素と病気
  活性酸素の作用と除去の概略を理解して頂くために、簡略化して説明します。
 

活性酸素は様々な病気を引き起こす

@活性酸素は体外からの異物(細菌・ウイルス・様々な科学物質)や刺激(ストレス・紫外線)に対し、防衛目的で体内で作られます。
A活性酸素は、適量なら異物を攻撃し、私たちの身体を守ってくれます。
B活性酸素の量が多ければ、逆に身体(小単位では細胞、大単位では内臓)を傷つけます。
C結果的に、生活習慣病(脳・心疾患)や癌などの様々な病気を引き起こします。

 この増えすぎた活性酸素を除去する秩序については以下の通りです。

悪玉活性酸素を除去する酵素SOD

@本来、人体には増えすぎた活性酸素を除去する酵素(SOD酵素)があります。
Aところが、SOD酵素の活動力は加齢で減少し、個人差もあります。
B多くの研究者が、「SOD酵素の活動力の低下した人は、生活習慣病や癌などの病気 になりやすい」としています。
C低下したSOD酵素の活動力を補うには、SOD様作用食品があります。


■活性酸素の増加要因

●詳しい説明はこちらをクリック
  現代社会は、様々な疾患を引き起こす活性酸素の発生源にあふれています。
 

■活性酸素の弊害と引き起こされる疾患群
●詳しい説明はこちらをクリック
  活性酸素に起因する疾患の関連学会の研究者からの報告
T 京都大学・丹羽靭負医学博士
U 東京大学理学部・加藤邦彦助手
V 京都府立医科大・近藤元治教授
W 新潟薬科大・皆川信子講師
X 防衛医科大・酒井 豊名教授
Y 慶応大学・三石巌元教授
Z 米PW大・増山吉成理学博士
 

  
 
SODとは?

  活性酸素を除去するために、体内にはSOD酵素がある。

■抗酸化物質
  猛威を奮う活性酸素に抵抗して、身体を守る物質を抗酸化物質といいます。私たちの身体でも、下記のような2種類の対策をしています。
 

人体の抗酸化物質

@体内で生産されるSOD酵素  ⇒   SOD(スーパー・オキサイド・ディスムターゼ)
A体外から摂取するビタミン     ⇒   ビタミンC・E・B2、カロチン(吸収ビタミンA)

 
■抗酸化物質の比較
 

  体内で作られるSOD酵素 体外から摂取するビタミン
長所

@蛋白質で構成されるため、適切な蛋白質が十分に摂取されていれば、体内で合成される。
A生理的に合成されるため、合成量や質の懸念が不必要。

@植物中の抗酸化物質であるビタミン(C、E、B2、カロチン)を摂取する方法で、いわゆる野菜を食べれば、これらのビタミンが摂取できる。

短所

@40才を越すとSOD生産能力が減少、各種の老化現像、生活習慣病、癌などに罹患し易くなる。
ASOD生産能力は個人差があり、疾患発症の有無や疾患程度の軽重につながる。

@野菜からの摂取は、理論上は可能であるが、大量摂取の必要がある。
A野菜中のビタミンは結合力が強く、人間の胃液では十分な分解が困難で吸収されにくい。

 
■SOD酵素の作用を補う「SODロイヤル」とは
●詳しい説明はこちらをクリック
 「SODロイヤル」の研究・開発
 「SODロイヤル」の原材料と加工法
 「錠剤としてのビタミン」と「SODロイヤル」との比較